考え方も様々な埼玉の風俗嬢について

人間は個人個人で考え方や価値観が違うものですが、それはデリヘルやソープランドで働く風俗嬢も同じです。
例えば男性から本指名が入っている日に体調を崩した場合の考え方です。
ある風俗嬢は「せっかく予約を入れてもらって申し訳ないけど、無理して出勤してサービスしたら指名してくれたお客さんに風邪をうつしてしまってかえって迷惑をかけるから休もう」と考えます。
逆に「予約までして楽しみにしてくれているのだから、薬を飲んでそのお客さん限定で出勤しよう。
短時間なら大丈夫」と考えるコンパニオンもいます。
この相反する2つの考え方はどちらも間違いでなく、正しいと言えるでしょう。
どう行動するかは風俗嬢本人次第なのです。
また、サービスをしてもらう男性の考え方も様々です。
「風邪のときは休んでもらった方がいい。
指名していることに気を使って無理に出勤してもらって風邪をうつされたら嫌だし、体調が万全でなければ十分なサービスをしてもらえない」と考える男性もいますし、「せっかく指名したのだから、何とか無理してでも出勤してきて欲しい」と考える男性もいます。
埼玉でも日々多くの男性が風俗を利用し、多くの風俗嬢とお客である男性が出会っています。
プレイの合い間に話しをするといろんな価値観の人間がいることも分かります。

自分の好きな埼玉のデリヘル嬢に対する男性の思いについて

自分のお気に入り風俗嬢を見つけた際、男性は複雑な思いを持つことも珍しくありません。
それはそのコンパニオンが必要以上に人気にならないでほしいという悩みなのです。
彼女のことを思えば人気になって指名が増え、稼ぎがよくなることを喜んであげなければならないのですが、お気に入りの彼女には自分だけの女でいて欲しいという思いが強くなるのです。
また、自分が遊びたくなって店に彼女が空いているか電話をした際、スタッフから「今Aちゃんはちょっと空いてないんですよ。
2時間くらい待っていただければ空きますがどうされますか?」と言われた際にも心が痛くなるのです。
「空いてない?今彼女は他の男のチン○をくわえてるのか・・・あぁ〜〜想像したくない」といったことを考えてしまう男性もいて、思い入れが強くなれば男性はそのコンパニオンを独占したい気持ちになるわけです。
ただし、お気に入りの風俗嬢には他にも固定客はいますし、自分がかわいくて美人だと思った女性のことは当然ながら他の男性もほおっておくはずがありません。
従ってそういった部分は割り切って遊ぶことが埼玉のデリヘルなどの風俗を利用する際の鉄則だということも自分に言い聞かせておきたいものです。